人気ブログランキング |

ハンドメイドのことや何気ない毎日のことを綴ってます


by Bambooboo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

a0157968_06552658.jpg



出羽三山(羽黒山、月山、湯殿山の総称)は
1400年以上にわたり
修験の地として信仰を集めています





a0157968_06563057.jpg




随神門をくぐると
石段を下る参道が続いていて


山内で最も低い谷に建立する
国宝羽黒山五重塔へ





a0157968_06572135.jpg




JR東日本の「行くぜ、東北」

のポスターの真似っこ
(笑)







a0157968_06575652.jpg




色彩を施さない素木の姿が
樹齢300年以上の杉木立の中に
ひっそりと佇んでました





三山すべてを詣でたいところですが
月山(標高1984m)
湯殿山(標高1500m)と高山、
冬には雪も多い
幸いにも一番低い標高414mの羽黒山に
三山を合祀する出羽三山神社があり
ここに参拝すれば三山を詣でたのと
同じ後利益を得られるという





この五重塔から石段を登って一時間ほどかかるという
でも

車でびゅ~~んと行けます








a0157968_07015727.jpg




車でびゅ~~んと行くには
降りてきた階段を上り
駐車場に戻らなくてはいけません





杉木立の間から射す木漏れ日のなか
ゆっくりと
気持ちのいい汗をかきながら
母も登り切りました







a0157968_07003877.jpg




出羽三山神社(山神合祭殿)


羽黒山は現世
月山は過去
湯殿山は未来

一度死んで再び甦る事ができると。。














【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


by big-bambooboo | 2019-08-11 21:54 | お出かけ


a0157968_06124627.jpg



酒田市より海岸線を北上
遊佐町吹浦海岸に潮風を受けて
人々の平安を祈る磨崖仏が立ち並んでいます



吹浦海禅寺21代廣海和尚が、
日本海の荒波で命を失った漁師の供養と
海上安全を願って
1864より地元の石工たちを指揮し
5年の年月をかけて16の羅漢を含む
22体の磨崖仏を完工させました






a0157968_20264382.jpg



自然岩に掘られているのではじめはどこに?
という感じなのですがだんだんと見えてきて
1,2,3、・・・
と数えてました




駐車場から細い道を降りるし
奥の方は道が整備されていないこともあり
全部はみつけられなかったかな?


毎年十六羅漢岩の前でお祭りが開催され
海上安全祈願式典も行われる厳かな場所でもありますが
珍しさでちょっと楽しめました♪






a0157968_20285513.jpg



ここからさらに10Kmほど北上すれば

もう秋田県です
鳥海山の麓でもありますが

厚い雲に覆われていて

雄大なお姿が観ることができなくて
残念でした
(;'∀')







【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


by big-bambooboo | 2019-08-10 21:28 | お出かけ

山居倉庫




山形旅行の記事、あと少し
お付き合いいただけると嬉しく思います



二泊目は一泊目と同じく鶴岡市ですが
湯野浜温泉に泊まりました
前日とは違い高台から海を臨むホテルでしたが
なんとなんと
前日の地震でキャンセルが多く出たとのことで
私たち含めて5組だけ
ホテル内どこ行ってもひっそり
お風呂は
貸し切り状態でした
(;'∀')





翌日は酒田市へ



a0157968_18174276.jpg




明治時代に造られた庄内地方の米の貯蔵庫

山居倉庫です



舟による米の積み下ろしに便利な立地で
12棟の巨大な木造の倉庫が連なっています









a0157968_18155275.jpg




現在も倉庫として使用していて

一部は資料館や観光物産館として
利用しています









a0157968_18161494.jpg



現在の倉庫内は

、機械設備による空調管理が整っていますが、
設立当時は二重屋根や天窓や換気窓など
様々な工夫が施こされていました





ケヤキ並木は
日本海からの強い西風と夏の直射日光を遮るために
植えられたもので見事な巨木に育って
倉庫の屋根を覆っていました







【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!






by big-bambooboo | 2019-08-09 21:18 | お出かけ


a0157968_20145740.jpg




す~いす~い♪

水の中は超~気持ちいい~

ご一緒にどう?

あれっ?






a0157968_22542798.jpg




おねえさ~ん
なんか今日はやる気が起きないなぁ~
とアザラシ三兄弟の末っ子君






a0157968_00264421.jpg




ごはんを食べたら元気出た?


さぁ~
いつものように飛んでみて






a0157968_22550143.jpg



ジャ~~~ンプ!!

あれぇ~~~
調子でない。。
( ̄O ̄;)






a0157968_22551965.jpg




ふぅ~

だる重⤵




夏バテかな?

皆さんは大丈夫ですか?








アザラシくんの名誉のために。。。
文章は全てフィクションです!






【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!








by big-bambooboo | 2019-08-08 23:40 | お出かけ

最上川舟下り #2


a0157968_19535079.jpg



最上川舟下りは
約12kmの航路を約一時間かけて
ゆっくりと下っていきます


お客を下してまた川上の乗船上に戻ってくるときは
船頭さん二人だけ。。
びゅ~~んと
物凄い速さで帰っていきます






a0157968_19563533.jpg




のんびりと
ゆらりゆらりと
川の流れに身を任せて
なんて
気を抜いていると
途中で深さが変わったり大きな石などの影響で
渦を巻いていたり
バッシャ~~ン
水しぶきが上がることもあり

そんな時一番濡れたのは最前列の私💦







a0157968_19581450.jpg




白糸の滝

この時期緑が多くて少ししか見えませんが
高さ的には華厳の滝以上だそう





舟が動いている間は船頭ガイドさん喋りっぱなし
芭蕉、義経伝説をはじめ舟運などの歴史的なことも含め

わかりやすい説明と
ジョークもたっぷりで
楽しい舟旅でした






その船頭ガイドさんがこちら



a0157968_19544906.jpg




最上川舟唄を熱唱中!!

超広角で撮ってます(笑)





最近は海外のお客さんも多いということで

英語、中国語でも披露してくれました



(*´∀`)♪






【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


by big-bambooboo | 2019-08-01 21:54 | お出かけ

最上川舟下り #1

a0157968_15011925.jpg




日本三大急流のひとつの最上川

福島県との県境吾妻連峰の西吾妻山を源流として
日本海へ注ぎ込むまで、他県にまたがることなく
唯一山形県内を流れる川です




平安時代から始まったとされる舟運

内陸部の米や紅花を酒田を経て上方へ運ばれ

上方からは雛人形などが運ばれたそうです







a0157968_15003742.jpg





乗船時間までたっぷりあったのに
なぜか私たち
乗り込むとき最後尾になってしまいました


舟には笠をかぶった味わいのある船頭さんが乗っていて

乗客は順番に前から向かい合って座り

下流の方を向いて出航を待ってました



私、一番後ろなので写真撮りやすいかも。。

すると
後ろから若目の船頭さんが乗り込んできて
元気に挨拶して

いよいよ出航かと思った時
「ちなみに皆さんこちらが前ですからね!」と
一同
「えっーーー!」



それから、

舟はグイ〜〜ンんと旋回して
最上峡を下っていきました



つまり

私は終始ガイドの船頭さんとお見合い状態
(笑)







a0157968_16265280.jpg




約12㎞の航路の間
ひとつも橋はかかっていません

左側は堤防があり道路、線路と並行に走っていて
民家も見えます






a0157968_16225206.jpg




川の右側に今は誰も住んでいません
川の氾濫に度々苦しめられていた最上川
昭和40年代に多数の死傷者を出す被害が相次いだことで
左側の堤防のかさ上げ工事などをして
移り住んだそうです


昨年はこの堤防も危うく決壊しそうなくらいの豪雨に見舞われ
かつて経験したことのない。。
という降り方するので安心できませんね~
(´;ω;`)






a0157968_15092335.jpg




緑にかこまれ
心洗われ
お腹もいっぱい
(笑)
という感じですが
船頭さんの真前でも
右左キョロキョロとたくさん撮ったので
次回に続きます♪






【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!


by big-bambooboo | 2019-07-31 18:10 | お出かけ

jellyfish


a0157968_18404327.jpg



全身が
プルンプルンのわけはね
95%が水分
残りの5%はコラーゲン
でできているからよ~

(うらやましいわ~)






a0157968_19003595.jpg



水の流れに身を任せて漂っているだけ。。
ってこれも羨ましいな!






a0157968_18420149.jpg


高級中華料理の食材
ビゼンクラゲ






a0157968_18430745.jpg


虹色に光るウリクラゲ






a0157968_18434402.jpg




山形の旅 2日目は雨だったので
加茂水族館へ


50種類以上のクラゲが展示されているクラネタリウムは
世界一!

遠足や家族連れ、団体客などで
普段は大混雑するそうですが
地震の翌日で公立の学校は休校
旅行のキャンセルも多かったようで
のんびりとゆっくりと見学
イベントに参加したりできました




a0157968_18445715.jpg



そして
加茂水族館で外せないのは
直径5mの大水槽
(クラゲドリームシアター)
数千匹のミズクラゲが魅せる神秘的空間!






a0157968_18441880.jpg



いつまでも見ていたい
感動と
癒しの世界でした


(о´∀`о)
















by big-bambooboo | 2019-07-26 10:30 | お出かけ

PINK PINK



a0157968_09294325.jpg



山形の旅で最初に訪れた
東沢公園(村山市)

ちょうどバラ祭り開催中
世界各国750品種20000株もの株のバラが咲き誇り
甘い香りに包まれ、優雅なひと時を過ごしました





a0157968_09302059.jpg



毎月23日はcranberryさんの呼びかけ

「ピンク祭」

大切な人のために乳がん検診を促進するピンクリボン運動のひとつ




手術をしてその後元気に過ごしている友人もいます
早期発見の重要性を身近に感じてます

初めて参加させていただきました







by big-bambooboo | 2019-07-23 19:11 | お出かけ

東北横断の旅!


宮城から山形へは

山形自動車道を走って

東北を横断する旅でした






a0157968_21535955.jpg





緑の山の中

長いトンネルや

高い橋の上は

スリル満点

(◎_◎;)








a0157968_11504376.jpg




どこかのお国の古いお城
(っぽい建物)
発見!





poteさんの
Sun 3 Sunday
に参加させていただきました♪







by big-bambooboo | 2019-07-21 22:54 | お出かけ

庄内平野



田舎育ちの私ですが
もう、コンクリートジャングルの中での生活が長くなり
山に囲まれ田園の中を走る旅はとっても新鮮でした





a0157968_14453966.jpg




広大な庄内平野

お米はもちろんですが
山形と言ったらサクランボ



サクランボの旬が梅雨の季節と重なることから
雨や高温によって実が割れたりするのを防ぐため
通称「雨除けハウス」
と言うサクランボの樹を
ビニールで覆う施設を使用しているそうです



近くを通るとビニールの隙間から
真っ赤なサクランボが見えました♪


意外でした

(^◇^;)







a0157968_14471597.jpg




お米や果物のほかにもうひとつ

「だだちゃ豆」
知ってますか?



枝豆用の大豆ですが、
栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまうことから
生産地が限られていて
保存も難しかったことから長らく
「幻の豆」
と呼ばれていたそうです



たぶん写真の左側がだだちゃ豆畑だと思います

枝豆界の高級ブランドと言ったところでしょうか



ちなみに、だだちゃとは
庄内地方の方言で
おやじ、お父さん
という意味






それから…

(また長くてすみません ^^;)







a0157968_14534226.jpg




田んぼと道路の間にこのような鉄製の柵が建てられていて

妹が
この辺は風が強いらしいから、これが降りてきて。。。
と教えてくれた
分かったつもりでふ〜〜んと
てっきり田んぼを守るのかと思ったおバカな姉





庄内平野は地吹雪が凄くて
数メートル先も見えなくなるときもあるそうです
これは
「防雪柵」
と呼ばれるもので上に何枚か畳んである鉄の板が
冬の降雪時に降ろされ、
道路が吹き溜りなどで通行不能にならないように
道路側のための風除けだったのです

ε-(´∀`; )




雪国山形ならではの光景です



(全て車中助手席からの撮影)







by big-bambooboo | 2019-07-17 19:15 | お出かけ