人気ブログランキング |

ハンドメイドのことや何気ない毎日のことを綴ってます


by Bambooboo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



a0157968_18251868.jpg誰もがいつかどこかで目にしたことがあるピーターラビット☆
病気で寝込んでいる小さな男の子を元気づけるためにビアトリクス・ポターが書いた絵入りの手紙の中に初めて登場しました。1893年のこと。それから、小さな子供たちのために本を作るようになるのですが、登場する動物は、実際にいたペットや野生動物たちだそうです。彼女のユーモアにあふれるおはなしと精密な絵は、世界中の子供にも大人にも愛され続けています。

ピーターは4人(匹)きょうだいで、お母さんと、大きなもみの木のしたの 巣のあなの中にすんでいました。お父さんは事故にあい亡くなったそうです。(青い服の子がピーター)



恥ずかしながら私、おはなし読んだことありませんでした。
登場人(動)物のことが、少し把握できたところで、今回は、ピーターのきょうだいのフロプシーがいとこのベンジャミンと結婚して子だくさんになった「フロプシーのこどもたち」と「あひるのジマイマ」をステッチしてみました。
やっぱり顔があるものは苦労します。
特に目は難しい・・・・(汗)


a0157968_19351697.jpg



今日で2月も終わり。
帰省したりオリンピックがあったりと手が止まってばかり・・・

結婚式といいオリンピックといい涙腺が開きっぱなしの月でした。
by big-bambooboo | 2010-02-28 20:21 | 針シゴト(刺繍) | Comments(0)

モラル?

a0157968_19265669.jpg

日曜日に図書館に行った時のこと。
本を探していると、どこかで紙芝居か本を読んでいる女性の声がします。
日曜日なのにお話会かしら?
そう思いながら目当ての本を借りて、隣の部屋の子供コーナーへ
図案の参考に絵本を見るため時々おじゃまします。
そこに、声の主がいました。ママが3~4歳くらいのお嬢さんにそれはそれは感情豊かに本を読んであげていたのです。
でも、変です。
そのお譲ちゃんママに背中を向けて別の本を見ていますよ。
そこにパパが来て「○○全然聞いてないよ~」
するとママ「いいのよ、耳からちゃんと入っているから」と、また読み続けるのです。
確かに聞こえてはいると思います。隣の部屋まで聞こえましたから~
ママが読んでいる中「○○でごはん食べるんだよね~早く行こうよ~」と子供が騒ぎだしたのです。
「さぁ、行こう行こう」と父と娘は帰り支度。
そこで、やっとママ読むのを止めて「1冊しか読めなかったじゃない!」と積み重ねてあった何冊かの本を貸出しカウンターへ・・・・
笑える話にも思うけど、一番おかしいなーと思うことは、図書館中に聞こえる声がしているのに、図書館の人も注意しなければ、周りの人も普通に本を読んでいることです。まさか、みんな自分の本を読みながら耳から聞いてるわけはないと思います。

また、昨日地下鉄に乗った時のこと。
向かいに座っていた女性が前髪をピンでとめたかと思うと、ローションをコットンでパンパンパン、次から次とメイク用品を出して・・・・見ていたいような見ていたくないような~そんなこと考えていたら芸術的なアイメークまでできあがってしまいました。これは、行きのことで帰りには、やはり、若い女性がサンドイッチを立ったまま食べていました。

注意されて「反省してま~す。」は反省になってないと叱るなら、きちんとその前に教えていない大人が反省すべきだと思います。私自身も偉そうなことは言えません。自分の常識は他人にとって非常識、他人の常識は自分にとって非常識ということも多々あります。

公の場でも自分の家になってしまっていて、本人も周りの人も他人のことが気にならない人が増えていることは確かだと思います。

大きなお世話ですが、
ファミレスでの楽しいお食事がママの朗読付きになっていないことを願いながら帰ってきました。
by big-bambooboo | 2010-02-23 21:22 | ひとりごと | Comments(0)

アイドル

a0157968_18245234.jpg

昨年夏に生まれた姪の娘のSちゃん。先日の帰省でやっと会うことができました。
久しぶりの赤ちゃん抱っこでとても幸せな気分になりました❤
どんなむずかしい話をしていても、Sちゃんを見ると誰もが笑顔になります。
そして、2オクターブも3オクターブも高い声で「Sちゃ~ん」と呼ぶのです。
まさに、アイドルです。
赤ちゃんを抱っこしたことのない息子も、はじめは膝の上に乗せるだけで精一杯だったのに、日を追うごとに自分から「抱っこさせて」と手をだすように・・・・・・男子大学生をも幸せ気分にする力があるようですね~

その息子が「俺とは血が繋がっているの?」なんて聞き出して・・・・・
「当たり前じやん、はとこだもん」
「えっ、はとこっていとこのいとこのことを言うんじゃないの?」
はとこはこの辺の方言だから調べても出てないよ」
と言い出す人も・・・・

気になるので調べましたよ。
いとこの子供→いとこ違い
いとこの子供同士→はとこ、またいとこ

Sちゃんは息子のいとこ違いで、息子の子供とSちゃんがはとこということになるそうです。
はとこってよく耳にしていたように思うけど、自分のはとこにあたる人は・・・・と考えるとほとんどお付き合いはなく、冠婚葬祭でも会うか会わないかぐらいなのではないでしょうか。
近くに住んでいればまた違うと思うけどね。
by big-bambooboo | 2010-02-19 19:40 | ひとりごと | Comments(0)

One Love

a0157968_17543283.jpg堂々と愛を誓った新郎の甥がたくましく見えて・…涙
(私が育てたわけでもないのにね)

お父様とバージンロードを歩いてくる新婦が初々しくて可愛らしくて・…涙、涙






a0157968_183949.jpg 百年先も 愛を誓うよ 
君は僕の全てさ
愛している ただ愛してる 
同じ明日約束しよう
世界中に ただ一人だけ 
僕は君を選んだ
君といればどんな未来も 
ずっと輝いているから~♪





時折、雪が舞う寒い日でしたが、心温まる結婚式でした❤
お幸せに!
by big-bambooboo | 2010-02-17 18:28 | イベント | Comments(0)

帰省

a0157968_14573162.jpg

今週末、結婚式に出席するため明日から帰省します。
「友人」として招待されたのは、今は昔の話で「おば」として出席です。
新郎の「おば」なのでお嫁さんにはお会いしたことがありません
なので
「はじめまして」と「お幸せに」
の思いを込めてこんなもの作りました☆
a0157968_1582621.jpg
a0157968_159049.jpg

先日のバネ口ポーチと同じ口金サイズですがちょっと大き目にしたので、デジカメも余裕で入ります。
革の持ち手は取り外しができるので、バッグにかけることもできます。
片側にはレースを縫いつけ、もう一方には、イニシャルを芯入りサテンステッチで。
レースに合わせてサテンステッチにしてみたけれど、難しい・・・・・(汗)
時間もないし…自信がないものだからつい息子に聞いてしまった
「これ、どう?」
「いいじゃん、かっけーよ、そのエックス」
やっぱり、聞かなければよかった~

「X」のイニシャルの人ってどんな名前よー
「K]に見えませんか?

「気持ちです」と渡すことにします❤

今日は、先週とは打って変わってポッカポッカ陽気です。
生まれ育った故郷とはいえ、宮城は寒いだろうな~
でも
「お久しぶり」や「はじめまして」
が、たくさんなので楽しみです。

しばらく、針を持つ手もお休みです。
by big-bambooboo | 2010-02-09 15:27 | 針シゴト(刺繍) | Comments(0)

バネ口ポーチ

a0157968_1847710.jpg

先日の「薔薇」は、バネ口ポーチにしてみました。
小さめですが、お出かけの時、口紅とファンデーションとか飴なんか入れるのにちょうどいい大きさだと思います☆


a0157968_1854436.jpg

裏はこんな感じ・・・・
ファスナーポーチとはまた違ったかわいらしさがあります。
by big-bambooboo | 2010-02-05 19:11 | 針シゴト(刺繍) | Comments(0)

こぎん刺し

a0157968_192902.jpg


青森県津軽地方に伝わる刺し子の技法のひとつのこぎん刺し。
これは何年も前に母が旅行のお土産に買って来てくれたものです。

津軽地方では、野良着のことをこぎん(小布、小巾)と呼んでいたことからこの名前がついたそうです。
北国津軽では綿の栽培が困難だったこと、農民の木綿使用が禁止されていたことから、衣服の多くは麻布。
こぎん刺しは、その麻布で津軽の厳しい寒さを防ぎ、農作業で摩耗する仕事着の補強をするための農民の知恵の結晶なのです。
それにしても、津軽の伝統工芸品が幾何学模様の繰り返しになっていて不思議な感じがします。


今日、東京は雪化粧の朝を迎え、2年ぶりの積雪だそうで大騒ぎ!
都心では2㎝。

北国の人の声が聞こえます。
「積もったうちには入らないよ」と・・・・・・
by big-bambooboo | 2010-02-02 21:45 | 針シゴト(刺繍) | Comments(0)